Web会議システム V2-WEBCOM

クリアな映像と音質で多拠点間でも快適にアクセス

独自の映像配信技術が高クオリティでスムーズな映像を実現。

Web会議システムV2-WEBCOM

「テレビ会議なんて、こんなものか…」と諦めているあなたに

今までのテレビ会議は、導入時に検証を有利に進めるために画質や音質を犠牲にしたシステムを採用するケースが多く見られます。しかし、これからのテレビ会議システムは、通信効率の改善やコストカット、さらに時間を節約するだけでなく「高度な技術とクオリティ」で選ぶべきと考えます。

世界最高水準の圧縮技術!独特の技術開発V2テクノロジー

テレビ会議システム V2-WebCOMは、V2テクノロジーをベースに高度なネットワーク通信技術を駆使したハイクオリティなテレビ会議を実現します。

世界最高水準の圧縮技術!独特の技術開発V2テクノロジー

選ばれる4つの理由

映像がスムーズ

世界最高水準の圧縮技術(特許)

音声がクリアで途切れない

GIPS音声エンジン

軽量な帯域でもスムーズ

100Kbpsから使える、海外ともスムーズなコミュニケーション可能

1ポートで通信

セキュリティ設定が厳しい場合443ポートひとつだけで通信が可能

独自の映像配信技術と高音質で定評のGIPSエンジン!
クリアでスムーズな映像を実現!!

独自の映像配信技術と高音質で定評のGIPSエンジン!

V2テクノロジーは、特許を取得した視聴覚アルゴリズムで、クオリティの高い音声とシャープな映像を提供し、企業、政府、教育、金融などの会議、研修、管理調整、業務提携、人事面接など世界中で6,000以上の顧客にご支持いただき、世界中の多拠点でご利用いただいています。

海外に拠点がある企業や団体に特にお勧めします!
日本語・中国語・英語・韓国語の4カ国語に対応

海外に拠点がある企業や団体に特にお勧めします!

自動的に接続先ネットワークの状態を判断して帯域を最大限に活用することができ、パケット量を最小化するための圧縮技術が組み込まれています。

これにより、国内外との通信、画像と音声のスムーズなやりとりは世界最高水準レベルにあります。

大規模利用100拠点/Server 500拠点/実績

大規模利用100拠点/Server 500拠点/実績

万全のセキュリティ対策

万全のセキュリティ対策

HTTPトンネリングによって、ネットワークの安全を確保できます。さらに、映像と音声は独自方式の暗号化で対策しています。例えば各種会議において、事前に通知や招待状を送信し、会議の関連データに対して統計や周知を行うことができるばかりかデータ送信のセキュリティを保証するために業界先端のSSLデータ伝送を提供します。

あらゆる利用シーンに対応する9種類の画面レイアウト

資料共有機能録画機能も標準装備されています!

あらゆる利用シーンに対応する9種類の画面レイアウト

標準ご利用価格(税別)

導入時費用(クラウド専用会議室設定費用) ¥98,000~
月額費用(同時接続2拠点の場合) ¥13,500~
  • 接続拠点を追加する場合は1拠点につき月額¥4,900~が追加となります。

データ会議の実現

データ会議の実現

電子ホワイトボード、ドキュメント共有、ファイル転送、ウェブ共有ブラウジング(アプリケーション/デスクトップ共有)投票などの豊富なデータコラボレーション機能を提供し、管理、文字チャットなど高い汎用性を備えています。

10種類の解像度設定が可能

10種類の解像度設定が可能
  • 用途に応じた解像度設定が可能です。
  • 回線環境が悪いところでは低解像度設定での運用が可能です。
  • 医療分野等で鮮明な画質の必要な場合は高解像度設定での運用が可能です。

マルチカメラ機能

マルチカメラ機能

1台の端末に2台のカメラを接続し使用する事が出来ます。(画像カメラ①+資料カメラ②)

ダブルスクリーン機能

ダブルスクリーン機能

ダブルスクリーンで資料と映像を別々のモニターで表示させる事も出来ます。

管理機能

管理機能

スケジューラ機能によって、日時はもちろん出席者の権限設定や機密性など、会議毎の環境設定や開催通知などの送信まで、一連の手続きがWeb上のメニューだけで完結できます。

録画機能

録画機能

重要な会議は、ボタンを押すだけでそのまま録画できます。議事録では伝えきれない会議の雰囲気など、出席できなかった人も共有する事かできます。

スマートデバイス対応

スマートデバイス対応
  • iOS 5,6,7,8,9,10 Android非推奨 

「クライアントソフト」のみダウンロードのSaaS型

  • Saas型(月額利用型)
  • サーバー導入型(買取)

詳しくは、お問い合わせください。

周辺機器

1名での周辺機器構成例

1名での周辺機器構成例

  • Webカメラ
  • ヘッドセット
1~3名での周辺機器構成例

1~3名での周辺機器構成例

  • コミュニケーションカメラ
  • 会議用マイクスピーカー
4~8名での周辺機器構成例

4~8名での周辺機器構成例

  • コミュニケーションカメラ
  • マイクロフォン・ラインミキサー
  • スイッチ付バウンダリーマイク
  • 各社モニター又はプロジェクター
  • アンプ内蔵スピーカー
8~15名での周辺機器構成例

8~15名での周辺機器構成例

  • コミュニケーションカメラ
  • エコーキャンセラ付バウンダリーマイクセット
  • モニター又はプロジェクター
  • アンプ内蔵スピーカー
15名以上での周辺機器構成例

15名以上での周辺機器構成例

  • コミュニケーションカメラ
  • マイクロフォン・ラインミキサー
  • スイッチ付バウンダリーマイク
  • エコーキャンセラ
  • モニター又はプロジェクター
  • アンプ内蔵スピーカー

導入実績/事例 電機メーカー、国立大学、学校法人、行政機関など多数

ベトナム交流校との語学協働学習

平成25年2月1日(金)午後1時45分からベトナムのホイヤン市にあるキムドーン中学校と美加の台小学校5年生2組との語学協働学習授業が行われました。

ベトナム交流校との語学協働学習

授業では英語での自己紹介や質問会を行い、音楽演奏や踊りの紹介がありました。

とても楽しい交流授業でした。尚、この授業には河内長野市の市長さんと大阪狭山市の市長さん、そして大阪狭山市の教育長さん達も見学されました。

(河内長野市立教育メディアセンター)

エクアドルからのJICA遠隔授業

2013年2月1日(金)午後1時45分からエクアドルと遠隔授業が行われました。今回の講師は、エクアドルの学校に青年海外協力隊員として赴任されている武田淳子先生です。時差の関係でエクアドルでは夜遅い午後11時45分からのスタートになりました。

ベトナム交流校との語学協働学習

授業ではエクアドルでの生活や学校での様子を写真などで、丁寧に教えていただきました。エクアドルでは、年度の終わりにテストがあり小学校でも成績が悪いと落第するそうです。

日本の子どもたちには、そんなことはありませんが、それがいいのか悪いのか考えさせられます。武田淳子先生、夜遅くまで本当にありがとうございました。今回参加いただいたのは、高向小学校5年生と美加の台小学校4年生でした。

(河内長野市立教育メディアセンター)

Web会議システムV2-WEBCOM よくある質問

「クリアな映像と音質」と言える理由?当社は他社製品ですが、PCのスペックが弱い(CPU使用率が高い場合など)場合やネットワーク環境が悪いと音質が途切れたり聞こえなかったりするケースが頻発してストレスを感じています。V2-WebCOMはどうですか?

他社製品のうち Adobe社のFlash技術を使用しているものは、Flash技術に依存しているため、その限界に制限されます。V2は独自の技術を開発しております。全体の安定性が高いのが特徴です。音声はGIPSエンジンなので、電話以上の音質を実現しており、ネットワーク環境が悪い場所でも100kの帯域があれば通信できるのも強みです。

例として、河内長野市教育メディアセンター様、(国際)クリスマスコンサート 平成25年12月16日(月)台湾、ベトナム、イギリス、ベラルーシと大阪桐蔭高校が参加。Web上で国際の音楽コンサートが実現できるのは、現在V2の技術しかありません。上記のように他社製品では実現できない事例が多くございます。

会議室の機能について他社製品と比べ、優位点はありますか?*「資料表示」について、他社製は「ホワイトボードに貼り込み」ですが、V2-WebCOMは「PDF、PPT、Word、Excel、ホワイトボード」と記載されています。その差は何ですか?

同じ資料共有機能です、とくに差はございません。

「遠隔操作」及び「録画」機能は「可」と記載されていますが、「標準」とは違う意味があるのですか?

「録画」機能は標準機能です。「遠隔操作」機能は、V2-WebCOMのデスクトップ共有機能に含まれています。デスクトップ共有機能に「遠隔操作」以外、アプリケーション共有機能があります。「プロフェッショナル版」にはデスクトップ共有機能が含まれていますが、「スタンダード版」には含まれず、オプションとなります。

「その他標準機能」欄でファイル共有、Web共有、議長会議などが特徴のようですが、それはどういった利用シーンで便利なのですか?

ファイル共有は、前の質問と同じで「PDF、PPT、Word、Excel、画像等OFFICEファイルを共有する機能です。それ以外、ビデオ動画ファイルを共有することもできます。Web共有はホームページを共有で閲覧する機能です。

議長会議とは、議長が会議の進行、参加者の発言やデータ操作権などをコントロールすることができる会議を指します。議長会議利用シーンとして、多拠点(例10拠点以上)の会議場合、誰に発言してもらうか、誰の映像を表示させるかを司会として会議をスムーズに効率よく進行させることができます。(もし議長制御なしで大規模会議をする場合、会議が混乱してしまいます)

「同時接続数」欄に2~100以上と記載されていますが「同時接続数」と「最大表示映像数(8or24)」の違いを解りやすく説明して下さい。

最大表示映像数」とは会議中に参加者の映像は最大表示できるのが「エンタープライズ版」は8、「プロフェッショナル版」は24となります。「同時接続数」とは同時に会議に参加できる拠点数のことです。現在、同時に30拠点が会議に参加できる製品は少なく、v2は最高500拠点の実績があり、大規模の会議(大企業)に対応できます。これはV2-WebCOMのもう一つの特徴です。

ライセンスとIDとの関係を教えて下さい。

ライセンス=同時接続拠点数、ID=登録ユーザー数です。たとえば、50ライセンスを購入した場合、同時に会議に参加できるのは50拠点ですが、50以上(500ユーザや3000ユーザとか)のユーザーを登録することができます。

複数会議室の設定が可能とありますが、想定される利用シーンは?

たとえば、6ライセンスを購入したとすると、その中に2人と4人の会議室、3人と3人の会議室、6人の会議室など3種類が作れることになります。この場合は、個別会議や全体会議に便利です。会議リソースには専用タイプ(上記内容)と共有タイプの2つがありますが、会議リソース共有タイプに設定した場合、例として6人の会議室を同時に10個、5人会議20人とか、テーマによって事前にたくさんの会議室を作ることができ、柔軟に会議室を運用することが可能になります。

料金(ランニング)ついて、月々、何時間使っても固定料金のみで良いという理解でいいのですか?

V2-WebCOMのSaas型は、何時間使っても固定料金だけです。

「要求会議ソフト」として「会議サーバー同時会議参加拠点数」というのと「クライアント会議ソフト」の2点記載されていますが、この2つのソフトをインストールする必要があるという理解でいいですか?

V2-WebCOMは「クライアントソフト」のみインストールが必要です。

「会議システム用サーバー本体」とありますが、これは自社サーバーを立てる場合の要求スペックのことですか?

サーバー買取の場合、お客様自社サーバーを立てるときのスペックのことです。

このサービスはSaaSライセンスサービスということですが、サーバーは海外に設置してあるのですか? もしそうだとしたらセキュリティ面での不安は?

Saas型のサーバーは日本国内にあります。海外にはありません。

V2-WebCOMを利用するには、企業・団体がお勧めですか?

  • 大中企業 理由:30拠点以上対応、さらに大規模利用は強みとなります。
  • グローバル企業 理由:帯域の低い海外でも会議参加できます。
  • 大学病院 理由:高い解像度で遠隔で手術見学可能。

V2-WebCOMの特徴は、「軽い、大規模対応、音質がよい、画質がよい」の4つです。音質や画質があまり要求されない場合、他社と差別化しにくくなりますが他社製品やskypeと比べてとくに上記の条件を要求される場合、体験していただければすぐ分かっていただけます。

モノづくりメーカーでの利用シーンは?

例として、本社と工場間の製品・仕様確認、あるいは本社や支店から生産ラインの同時監視と打ち合わせなどが想定されます。

行政機関(海外の都市と姉妹縁組をしているような)等で臨時的に(1日だけとか)使用は可能ですか?可能な場合、その場合の料金設定はありますか?最低契約期間は?

行政機関(海外の都市と姉妹縁組をしているような)等で臨時的に(例えば1日だけとか)使用は可能です。

料金は、2,000円/拠点/日です。(例、海外の姉妹都市1拠点2,000円+日本1拠点2,000円=4,000円)お試しサービスを利用することもできるので、予算なしですぐに開始できます。詳しくは、お問い合わせください。

お試しサービスの利用は可能ですか?

お試しサービスの利用は1ヶ月間可能です。詳しくは、お問い合わせください。

コールセンターや専任担当者の有無などサポート体制はどうなっていますか?

コールセンターはございませんが、専任担当者をにて対応させていただきます。宜しくお願いいたします。

このサイトは最新のブラウザでご覧ください