企業情報

事業紹介

多様化・複雑化するビジネス環境の中で、
様々な企業システムに豊富な製品と
ノウハウを活かしお応えしていきます。

システム導入コンサルティング

生産管理システムなどの導入コーディネート及び業務改善のコンサルティング

オーダーメイドシステム開発

各業務に対応したオーダーメイドシステムを設計・開発

パッケージソフト販売・導入

ビジネスのシーンに合わせた多彩なパッケージソフトの販売・導入

Webサイト構築

企業サイトからショッピングサイトまで幅広いWebサイト構築

ネットワーク構築

イントラネット構築やEDIなどのネットワーク構築

セキュリティ対策

セキュリティ対策のご提案及びシステム構築

Web商品開発・販売

動画コンテンツ制作及びライブ・オンデマンド配信

会社概要

会社名 システムプロダクト株式会社
所在地 岡山市北区表町1丁目3番50号
TEL(086)223-2192 FAX(086)232-8551
設立 昭和58年2月1日
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役 坂本 康久
従業員数 25名
取引銀行 中国銀行
主要取引先
  • JBCC株式会社
  • 株式会社オービックビジネスコンサルタント
  • 京セラコミュニケーションシステム株式会社
  • ダイワボウ情報システム株式会社
  • 順不同・敬称略
事業内容
  • ITシステム導入支援
  • 業務分析
  • アプリケーションソフトシステム開発
  • OA機器導入支援及び販売
    ※開発業務:生産管理/運輸・倉庫/流通他
加盟団体
  • 株式会社アルマ経営研究所
  • 財団法人岡山県産業振興財団
  • 北京展視互動科技有限公司
  • 株式会社和田SCコンサルティング
  • NPO法人子ども劇場笠岡センター
  • NPO法人メンターネット
  • 順不同・敬称略

アクセス

システムプロダクト株式会社

〒700-0822
岡山県岡山市北区表町1丁目3-50

TEL:086-223-2192
FAX:086-232-8551

沿革

1983年2月 (昭和58年) 岡山システムプロダクト有限会社を設立。
1990年5月 (平成2年) 三菱自動車株式会社購買・取引先支援ネットワークシステム(MV-NET)パッケージを独自開発し部品製造メーカーへ導入開始。
1991年10月 (平成3年) 組織変更に伴いシステムプロダクト株式会社に社名変更,資本金を1,000万円に増資。
1994年2月 (平成6年) 財団法人岡山県産業振興財団(中小企業支援センター) ソフトウェアアドバイザー委託契約を締結。
1995年8月 (平成7年) 資本金を2,000万円に増資。
1995年9月 (平成7年) 三菱自動車株式会社の購買・取引先新物流パッケージシステム機能強化版を販売開始。
1997年1月 (平成9年) 西暦2000年プログラム自動変換システムの開発・全国拡販実施(QUICK2000)。
2000年4月 (平成12年) 「LANSA」次世代開発言語の知識・技術向上を目的に、LANSAコンソーシアム加盟販売開始。
2001年2月 (平成13年) LANSAコンソーシアム主催「販売成功事例/開発・導入事例コンクール」で優秀賞受賞。IBMホームページにて紹介。
2005年1月 (平成17年) 株式会社テクノアの個別受注型生産管理システム、TECHSシリーズを販売開始。
2005年3月 (平成17年) 株式会社オービックビジネスコンサルタントの「奉行シリーズ」を販売開始。
2006年4月 (平成18年) 財団法人岡山県産業振興財団に加入。
2006年12月 (平成18年) Web会議システム(V2 Conference)販売開始。
2007年4月 (平成19年) 生産管理システム(e-Fact)を開発し、自社パッケージとして販売開始。
2009年3月 (平成21年) 離島・過疎地域向けにICT通信技術を活用した地域交流相互発信システムを自社開発し販売開始。
2010年4月 (平成22年) Web画像配信システムの発売開始。

取得資格

経済産業省 ソフトウェア開発技術者試験(旧第1種情報処理技術者試験)

プログラム設計を行うと共に高度情報処理技術者の指導の下で応用システム、基本システムなどの開発又は評価を行う事が可能な者として通産省が認定。

経済産業省 基本情報技術者試験(旧第2種情報処理技術者試験)

プログラム設計書に基いてプログラミングを行うと共に、高度・第一種情報処理技術者の指導の下で内部設計、プログラム設計などの開発あるいは評価を行う事が可能な者として通産省が認定。

経済産業省 初級システムアドミニストレータ試験

情報システム利用者に対し、コンピュータの教育やシステム開発者とユーザとの専門知識的ギャップの解消等の作業を行う事が可能な者として通産省が認定

IBMスキル認定

IBMマシンに精通した技術者の知識と利用経験を世界共通基準で判断する為に米国IBMが実施している認定試験。

  • IBMスキル認定 AS/400 SE
  • IBMスキル認定 Network-テクニカル
  • IBM e-business認定 ソリューションデザイナー

Oracle Master

日本オラクルによる、オラクル製品を扱う技術の認定資格。データベース管理・運用においての技術と知識を問う試験。

OBC認定インストラクター

OCI(OBC Certified Instructor)とは、認定試験に合格し、OBCソフトウェアのインストラクターとして認定された認定者です。ユーザーのさまざまな仕様形態にあわせたシステムの構築や運用など、使用環境に応じた適切なコンサルティング業務が可能であることをOBCが認定

  • OBC認定インストラクター(OBC Certified Instructor)勘定奉行21
  • OBC認定インストラクター(OBC Certified Instructor)給与奉行21
  • OBC認定インストラクター(OBC Certified Instructor)商奉行21
  • OBC認定インストラクター(OBC Certified Instructor)蔵奉行21
このサイトは最新のブラウザでご覧ください